モルガンスタンレー、2016会計年度のiPhone販売について発売以来初の落ち込みを予測

landing-page-why-vz-iphone-6s-plus-homescreen-v1

モルガンスタンレー(Morgan Stanley)のアナリスト、ケイティユベルティ(Katy Huberty)が、2016会計年度のiPhone販売について、発売以来、初めて落ち込むと予測しています。

同氏は、2016会計年度のiPhone販売台数について、2億2,400万台で、5.7%下落すると予測しています。
最大の理由は、その価格の高さだと述べています。要するに今後期待される新興市場では、高価なiPhoneを購入できる層は限られているということなのでしょう。

(via Fortune9 to 5 Mac

そう考えると、低価格の4インチiPhoneや旧モデルを利用した低価格販売によって、市場を拡大するしかないようです。

Last Updated on 2017年10月11日 by M林檎