著名アナリスト、2016年前半に4インチiPhoneの登場を予測

iPhone_6s_-_Apple(日本) 2

著名アナリストである、KGI証券(KGI Securities)のMing-Chi Kuo(郭明錤)氏が、2016年前半に4インチiPhoneの登場を予測しています。

4インチiPhoneは、iPhone 5cのようなプラスティックボディではなく、金属ボディを採用し、A9プロセッサを搭載するとのことです。iPhone 6s / 6s Plusとの差別化のため、3D Touchは搭載しません。
同氏は4インチiPhoneは、2016年中の2〜3,000万台の出荷が見込んでいます。

iPhone 7については、2016年の第3四半期に登場し、A10チップを搭載します。RAMは、4.7インチモデルが2GB、5.5インチモデルが3GBと予想しています。A10チップの供給は、TSMCの1社になる見込です。なお、防水に関する情報はありません。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2017年9月25日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。