iPhone 6s / 6s Plus、前モデルに比べて1割以上の重量増加!その原因は?

apple-iphone-6s-live-_1864

iPhone 6sは、前モデルのiPhone 6に比べて14グラムの重量増で、iPhone 6s Plusは、20グラムもの重量増となっています。ともに約11パーセントと1割以上の重量アップです。

→各モデルの比較(Apple)

重量増の原因として考えられるのが、ボディに使用されている素材の変更です。新モデルのiPhone 6s / 6s Plusには、前モデルの6000シリーズのアルミニウム合金より強度のある7000シリーズが使用されています。しかし、Appleによると、これによる重量増は、iPhone 6sでたった2グラムです。

実は、大きな原因となっているのは、3D Touchディスプレイです。
iPhone 6sのディスプレイは、29グラムで、iPhone 6の12グラムに比べて、2倍以上の重さになっています。これは圧力を感知するために静電容量型圧力センサを組み込まなければならなかったためです。これにより厚みも若干増しているとのことです。

(via The Verge

Last Updated on 2017年10月1日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。