Apple WatchのS1チップは28nmプロセスで製造

s1-composite2

Chipworksが明らかにしたところによると、Apple Watchの心臓部となるS1チップに内蔵されているSamsun製のアプリケーションプロセッサは、旧式の28nmプロセスで製造され、「A5」チップと同等の処理能力とのことです。(via MacRumors

すでにAppleは、「A8』チップを20nmプロセスでiPhone 6 / 6 Plusにし搭載されているA8を製造し、次世代の「A9」チップは、14nmプロセスで製造される見込です。

従って、S1のアプリケーソンプロセッサは、今後、20nmプロセス、14nmプロセスへと進化する可能性を持っています。

Last Updated on 2017年9月7日 by M林檎

コメントを残す