次期iPhone5のサイズは7ミリ縦長になり、ディスプレイは4インチ、アスペクト比は16:9?

New_iphone1-1
Cydia Blogが、次期iPhone 5(フレーム部分)の設計図とされる画像を公開しています。(MacRumors経由)

さきほど、アイラボファクトリーが公開した画像は、数値部分にボカシがありましたが、Cydia Blogが公開した画像にはボカシがありません。

これによると開口部の大きさは、縦90.1ミリ、横51.42ミリで対角線は4.08インチです。ディスプレイは若干余白があるので、表示部分は約4インチになるというこれまでの情報と一致します。ディスプレイのアスペクト比は16;9のようです。

ボディの高さ(縦)は122ミリメートルで、iPhone 4Sの115.2ミリよりも約7ミリ長く(高く)なっています。

7ミリの違いが操作性にどのような影響を及ぼすでしょうか?

おそらく指が短い人でも縦長ディスプレイが使いやすいように、メインボタン部分の余白スペースを縮めているようです。

関連記事→[次期iPhone 5のリーク写真]金属製のバックパネルを採用、イヤホンジャックは底部へ移動!

Last Updated on 2016年10月15日 by M林檎

コメントを残す