iPadをはじめとしたタブレットPCの出荷台数、前年比47.5パーセント増[2012年第2四半期]

Compare_hero_new_ipad

2012年第2四半期の全世界におけるタブレット出荷台数は、2,158万台に上るとDigitimesが予測しています。第2四半期は対前年比で47.5%の伸びですが、第1四半期に比較すると8.2パーセントのダウンです。

アナリストのJames Wongによると台湾(メーカー)の出荷台数は1,890万台で、世界の88%を占めます。(※フォックスコンなどを含めて?)メーカー別のランキングでは、当然、Appleがトップで、レノボはトップ5から脱落する一方、Goolgeと協力して7インチタブレットを出荷予定のアスーステックは、トップ3に入りそうな勢いです。

また、プロセッサーにおいては、Apple(A5X)が全タブレットの70%を占めます。(これは単純にiPadの出荷量が多いからですね)

iPad=タブレットの代名詞という状況は当分の間続きそうです。

Last Updated on 2012年5月1日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。