UDUD使用アプリの承認禁止によって、開発者の広告収入が24%減少!

6a0120a590293d970b01676439c41c970b-800wi
Appleは、先日、個人情報を保護するためiPhoneなどに割り当てられた一意の識別子(UDID)を使用するアプリの承認を禁止しました。

過去記事→AppleがUDIDにアクセスするアプリの承認を拒否!

MacWorld UKのレポートによるとUDIDI使用による追跡調査ができなくなったために、モバイル広告のパフォーマンス分析ができ難くなり、広告収入が24パーセントも減少しているとのことです。(AppleInseder経由)

スマートフォンによる個人情報の漏洩が問題になっていることから、UDID禁止は仕方ありませんが、広告提供側にとっては、これほど簡単で効率的な方法はなく、UUID禁止によって苦悩の日々が続きそうです。

Last Updated on 2016年10月15日 by M林檎

コメントを残す