Microsoftが、Office for Mac 2011 Service Pack 2の自動アップデートを再開

Microsoft AutoUpdate-1

Microsoftが、Office for Mac 2011・Service Pack 2の自動アップデートを再開しました。(米時間4月25日)

約1週間前から、一部のユーザーにOutlookのデータベースが破損する不具合が発生し、自動アップデートが中止されていましたが、不具合が修正され自動アップデートが再開されました。

このアップデートでバージョンは14.2から14.2.1になっています。

過去記事→Microsoftが、不具合のためOffice for Mac 2011・Service Pack 2(14.2 update)の自動アップデートを停止!

Last Updated on 2016年10月15日 by M林檎

コメントを残す