環境保護団体のグリーンピース(Greenpeace)が、AppleのiCloudを「汚い石炭ネルギーで作動している」と批判!

Apple-solar
(photo:Wired/アップルのiCloudはソーラーで稼働する)

Appleは、現在ノースカロライナ州で稼働するデータセンターに電力を供給するソーラファームを建設、拡大していますが、環境保護団体は、レポート“How Clean is Your Cloud”で「21世紀のCloudは、19世紀の汚い石炭ネルギーで作動している」として、Apple、Amazon、Microsoftなどクラウドサービスを提供している企業を批判しています。

当然、クラウド関連のデータセンターでは、膨大な数のサーバーが稼働しているため、太陽電池だけで必要電力賄うことは困難です。

グリーンピースは、Appleが再生可能エネルギーに関心があるならば、「クリーンエネルギー」のために膨大な余剰資金を投入すべきだとしています。

→9 to 5 Mac

Last Updated on 2017年8月3日 by M林檎

コメントを残す