Appleが1000億ドル(約7.7兆円)にも及ぶ余剰現金の利用計画に関するカンファレンスコール開催をアナウンス。

~ cash-120124

Appleが1000億ドル(約7.7兆円)にも及ぶ余剰現金の利用計画に関するカンファレンスコール(電話会議)開催をアナウンスしました。(AppleInsider)

AppleはiPhone、iPadなどの売り上げ好調により、余剰現金が急激に膨らんでいました。当然ならが、株主からは配当を増やすようにとの圧力が高まっていました。

カンファレンスコールはこれに対する回答やデータセンターなどのインフラ増強計画などが発表されるのではないでしょうか?

Appleの出席者はTim Cook(最高経営責任者)、Peter Oppenheimer(最高財務責任者)です。開催日時はアメリカ太平洋標準時間の3月19日午前6時、東部時間午前9時です。

→プレスリリース

Last Updated on 2017年6月18日 by M林檎

コメントを残す