Appleワイヤレス・キーボードを持ち歩くならIncase Workstation for Apple Wireless Keyboard(スタンドにもなるキーボード・ケース)が超便利!

20110613-235214-dpx

iPadやiPad 2でワイヤレスキーボードを使うならば、やっぱり純正の Apple Wireless Keyboardが使いやすいのではないでしょうか。リュウドのワイヤレスキーボードなどと比較して、ペアリングが簡単な上に、日本語変換のオンオフのレスポンスが早いところが優れています。

でも、欠点はバッグなどに入れているとスイッチ(電池が入っている円筒状の端のボタン)が自然に入ってしまい、iPadが予期せぬ反応を起こすことです。

それを防ぐケースがAppleのオンラインストアにあったので、さっそく購入しました。

価格は2,980円です。作りはしっかりしているのでコストパフォーマンスはまずまずです。

↓ ケースにキーボードを装着します。

20110614-001520-2dpx

しっかり固定されます。

20110613-235150-dpx

スイッチが奥まった場所におさまるので、当たりにくくなります。

20110613-235250-dpx

ケースを折り曲げてマジックテープでとめるとスタンドになります。かなりしっかりしてます。

20110613-235326-dpx

このケースに装着することによって、入力時の振動が吸収されるので、とても快適に入力できます。

20110613-235804-dpx

購入して大正解でした。

→Appleオンラインストア

 コレってAmazonでは売っていないようです。

 

Last Updated on 2017年5月7日 by M林檎

コメントを残す