次期Macbook Airの発売は6月か7月、Sandy Bridge、Thunderbolt搭載!?

MacbookAir100

台湾のDigiTimesが、次期Macbook Airは6月か7月に発売されるだろうと報じています。

外部のデザインは変更なく、内部の機能アップが図られる見込みです。

具体的には、CPUが現行Core2 DuoからSandy Bridgeになり、Macbook ProとiMacに搭載された高速のインターフェイスSandy Bridgeが搭載されるというのですから、かなり魅力的なモデルとなります。

特にCore2 DuoでCPUの処理速度に不満を持っていた人には朗報です。次期Macbook Airに搭載されるCPUは、モバイル用のCore i5-2537Mで2コアで4スレッド実行可能です。またTurbo Boost時には最大クロックが2.3GHzまで引き上げられるところが素晴らしいところです。

Sandy Bridge搭載によって、CPUの消費電力は17WとCore2 Duoの10Wから増加しますが、現行Macbook AirのGPU、NVIDIA GeForce 320MをSandy Bridge内蔵のGPUに置き換えることによって、消費電力はかなり抑えられます。

現行のMacbook Airはデザイン的が洗練され、素晴らしいモデルですから、今回、性能アップが図られることにより、さらに魅力的なモデルになりますね。(個人的には買いたいモデルですね)

 

Last Updated on 2011年5月18日 by M林檎

コメントを残す