iPad 2のパフォーマンスはXoomを上回っている!

Ipad2-benchmarklg1

iPad 2のA5プロセッサーはMotorolaのXoom(Andorid 3.0)搭載のTegra2と同様にARM Cortex-A9をベースとしたデュアルコアプロセッサーです。

Step1-tech-ipad-processor
両者とも最新のプロセッサーを搭載しているにも関わらず、Webページのロード比較では、はるかに(20パーセント以上)iPad 2のスピードが上回っています(上図)

原因はプロセッサーだけにあるのではなく、iPad 2ではSafariにNitro JavaScript engineを導入して表示の高速化を測っていますから、その効果が大きいとも言えます。

下の図はグラフィックのベンチマークでTechnologies' GLBenchmarkを使って比較しています。

ここでは驚くことにiPad 2がXoomの倍以上のパフォーマンスです。ディスプレイの解像度がXoomの方が1280×800と、iPad 2の1024×768であるため、単純に比較はできませんが、ユーザーの体感速度はiPad 2が優ることは間違いありません。

Ipad2-benchmarklg2

スペック表ではXoomの方が良く見えますが、全体のパフォマンスとしては、上手くチューニングしているiPad 2が上回るようです。

iPad 2は今のところ、パフォーマンス、価格、デザイン、iTunesを中心としたエコシステム、アプリ数など、あらゆる面でAndorid 勢より優れています。

さすがですね。

→electronista

 

 

Last Updated on 2015年5月18日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です