【iPad・iPhoneアプリ】PlainTextはDropboxと同期できるシンプルで使いやすいテキストエディタ[無料]です。

Plaintext0

iPhoneでは無料アプリが多かったのに、iPad用のアプリになると急に有料になったり、価格が上がったりと、何だか足元を見られているイヤな感じがしてたのですが、中にはPlainTextのように人気アプリでも無料で頑張ってくれているアプリがあったりするので、何だかホッとします。

これはとてもシンプルなテキストエディタでほとんど何も付いていません。それがかえってモバイラーの心をくすぐります。

Plaintext1

最大の特徴は、Dropboxとの同期設定をするとDropbox不フォルダ内にPlainTextフォルダができて、作成したファイルがその中に保存され、同期されることです。

要するにPCやMacでファイルを編集できて、PlainTextアプリ側にもファイルの変更が反映されるということです。

注意点はファイルの削除です。このアプリには3つのボタンしかありません。設定、フォルダの作成、ファイルの作成です。ファイルを削除するゴミ箱の形をしたボタンはどこを探してもありません。iPadを使い倒している人なら、直感的にわかるのでしょうが、初心者の人は途方にくれてしまいます。

やり方はシンプルでファイル名を横にスワイプ(横になでる)することです。すると削除ボタンが現れます。

  Plaintext3

Dropboxとの同期設定は簡単です。設定画面を呼び出してIDとパスワードを入力するだけです。

Plaintext2

このアプリはAppleお得意のミニマムデザインに似たところがあって好感がもてます。日頃から文章バリバリ入力する人にとっては、余計の機能がなくて軽いのでとても重宝するアプリじゃないでしょうか。

今まで標準アプリを使っていた人は外部との連携にメールを使っていたと思いますが、これを機会にPlainTextとDropboxの組み合わせに変えることも検討してはいかがでしょうか。

当然のことですが、iPhoneを使用してる方はiPhoneからも編集できて便利です。

<注意点>

このアプリのテキストに使用されている文字コードはUTF-8です。従ってWindows標準のメモ帳やShift-JISにしか対応していない対応していないエディタでは編集できません。持っていない方はUTF-8に対応したフリーソフトのエディタなどをダウンロードして使ってください。

 

 

Last Updated on 2010年10月11日 by M林檎