BlackBerry Playbook tablet発表でiPad包囲網が強力に!

Blackberry-playbook-650x352

またまたiPadの強力なライバルが登場です。iPadが世に出てからというものの、各メーカーががぜんタブレットに力を入れています。iPadもうかうかしていられませんが、すでに11月にはiOS4.2にアップグレードして、マルチタスクになることが予告されています。

そのiPadに対抗してBlackBerryで有名なRIMがタブレットを発表しました。

スペックは以下のとおりです。

  • 7型 1024 x 600 液晶ディスプレイ、静電容量式マルチタッチ
  • 対称型マルチプロセッサをサポートする BlackBerry Tablet OS
  • ARM Cortex-A9 デュアルコア 1GHz
  • 1 GB RAM
  • 前面3メガピクセル、背面5メガピクセルのデュアルHDカメラ。1080p 動画撮影対応。
  • 1080p 動画再生。H.264, MPEG, DivX, WMV
  • マイクロ HDMI出力、MicroUSBポート
  • Wi-Fi – 802.11 a/b/g/n
  • Bluetooth 2.1 + EDR
  • アプリケーション開発プラットフォームは WebKit / HTML-5, Adobe Flash Player 10.1, Adobe Mobile AIR, Adobe Reader, POSIX, OpenGL, Java 対応。
  • サイズは130mm x 193mm x 9.7mm
  • 重量約 400g
  • 当初は WiFi モデルのみ、将来的には3G / 4G モデルも。

SamsungのGalaxy Tabもそうでしたが、7インチディスプレイの小型Tabletが10インチと並んでも一つの主流になりそうな気配です。

Playbookのもうひとつのウリはメインメモリが1GBとiPadの256MBの4倍もあることです。これだけあれば、マルチタスクも楽々です。iPadの256MBで本当にマルチタスクが実用的に動くのか心配になってきます。

PlaybookのCPUは最新のCortex-A9ですから、これも現行iPadを上回る性能を持っています。ハードはメモリを含めてちょっとオーバースペックのような気がしないでもありません。

価格はまだ未定です。

RIM Playbookのホームページ

参考:Engadget Japan

 

 

Last Updated on 2017年6月9日 by M林檎