TAXANブランド加賀ハイテックが発売するタブレットデバイスMeopadはWindows CEマシンです。

Meopad1

加賀電子グループの加賀ハイテックがタブレットデバイスMeopad(ミーオパッド)を発売します。

7インチディスプレイなのでiPadに比べて小型です。サムスンのGalaxy Tabに近い大きさでしょうか。

驚くのはOSがAndroidではなく、忘れ去られていたMicorsoftのWindows CE 6.0だということです。なぜ今さらCEなの? CEって何?と思う人が多いのでは?

ガジェットマニアじゃないと知らないOSかもしれません。CEは古くはNECのモバイルギアなどのハンドヘルドPC、その後のPocketPCといったデバイスに搭載されていたOSです。CE6.0はその進化系です。

メリットとしてはWindowsCE FANなどのサイトで公開されている過去のアプリ(フリーソフト)が使える可能性があることでしょうか? (CE6.0なので絶対という自信はありません。最近はWindows MobileというOSになってましたからね)

このタブレットの利用形態としては、エディタやPIMなどを中心としたビジネス用でしょうか。マイナーなOSなのでゲームとか、最近流行りのクラウド連携アプリなどはあまり期待できません。でも、昔、ビレッジセンターが発売していたPWZ(ポケットWZエディタ)が使えたりしたら、バリバリテキスト入力ができますね。

スペックは以下のとおりです。

Meopad2

面白いのはキーボード付きのケースが発売されることです。最初の購入者2000名には無料贈呈です。(太っ腹です)

Meopadの価格は39,800円です。

加賀ハイテックの発表文(PDF)

 

 

 

Last Updated on 2017年1月2日 by M林檎