iPad・iPhoneのSafariにJavaブックマークレットを設定するとEvernoteにクリップできたり、翻訳ができるようにになります。

 Imixmenu1

iPadのSafariを使っている時、すぐにEvernoteにクリップしたいとか、英語のページを見ている時、PC版と同じように自動翻訳をしたいとか思ったことがある人が多いと思います。
それを実現してくれるのがブックマークレットです。
ブックマークレットとはブラウザのブックマークにjavaスクリプトを組み込み、ブックマークを選択した際にjavaプログラムを動かす仕組みです。

そんな便利なブックマークレットがApp StoreにiMixMenuという名で登録されています。
このアプリを実行するとブックマークレットがクリップボードに組み込まれるので、それを手動でSafariに登録するという方法でブックマークレットを実装します。以下が手順です。

まずApp StoreでiMixMenu(無料)をダウンロードします。
「登録&ヘルプ」をタップすると次の画面が出てきます。

 
Imixmenu3

アプリに手順が書いていますのでそれに従い、ブックマークレットをコピーし、Safariを起動します。
とりあえず、何でもいいから開いているウェブページでブックマークを作ります。
ブックマーク名は何でもよいですが、ここではiMixMenuとして一度保存します。保存しないとアドレス部分が編集できず、ブックマークレットを貼り付けることができません。

 
Imixmenu4

保存後、再び、そのブックマーク(さっき作ったiMixMenu)を編集モードにし、アドレス部分を消して、すでにクリップボードにコピーしているjavaブックマークレットを貼りつけます。それで準備は終了です。

次にSafariでEvernoteにクリップしたいページを開き、ブックマークのiMixmenuをタップすると次のようにブックマークレットが起動します。

 
Imixmenu5

「短縮URL化に失敗しました」とエラー出ますが、普通にクリップできました。
他にも翻訳を試してみましたが、Googleの翻訳ページが表示されます。

 
Imixmenu7

他にもTwitterアプリと連携して投稿ができますから、Safariがとても便利になります。