アメリカのAT&Tがデータ無制限プランを廃止します。しかし、デザリングが追加料金で可能になります。

Att

AT&Tが月額$29.99のデータ無制限プランを廃止しました。

その代わり、$25で2Gバイトのプラン(DataPro)を発表。データ制限をを設けることによって、通信料の抑制を目論での対策です。

日本では、表向きはデータ量の制限はありませんが、SoftBankがデータ無制限でも月使用量が1Gを超えるとスピード抑制がかかるといわれていて、すでに制限を行っています。

その点、イーモバイルのポケットWiFiは300Gで抑制ですから、SoftBank回線の頼りなさがよくわかります。

またAT&TではiPhone OS 4.0発売後、プラス$20でデザリング(モデム利用)を解禁するとのことです。日本もこの点は真似して欲しいですね。