アメリカのChangeWaveが行った調査によると、iPadの満足度は非常に高いという結果に

アメリカの ChangeWaveが行った消費者3174人への調査によるとアメリカでのiPad人気は堅調のようです。2月の発売前の踏査では「買う」が4%で、「たぶん買う」が9%でした。それが、5月の時点では7%と13%に上昇しています。

発売前の人気も高かったですが、発売後に買いたいと思う人が増えていますから、今後も人気は継続しそうです。(少なくともアメリカでは)

また同時にiPadの所有者153人への調査も行いました。

  それによると大変満足が74%、やや満足17%と満足が91%もの高率となっています。これはiPadの完成度の高さを物語っています。Appleはスゴイ!(↓)

Ipadreserch

iPadのどこが好きかと聞くと1番がスクリーンサイズです。ディスプレイが大きくもなく、小さくもなくて、絶妙な大きさということでしょうか。2番目が気楽に使えることになっています。それから重さと携帯性です。(↓)

Ipadreserch2


嫌なところの第1位はフラッシュを見ることができないことです。2位がインターネットへの接続性です。他には画面が汚くなる、アプリがない、重いということです。

2位の接続性は、WiFiの不具合がいろいろと報告されていますので、それが原因でしょうか? Appleはプログラム修正を約束していますから、今後は心配なさそうです。(↓)

Ipadreserch3

Flashへの不満はHTML5の普及によって、これから減ってくるんでしょうね。Appleは維持でもサポートしませんから、当分は我慢するしかないようです。

ソース:ChangeWave Survey


Last Updated on 2015年5月22日 by M林檎