Appleはあきらめていなかった!現在も自動運転技術を開発中

ロイターによると、Appleが12月3日、米道路交通安全局(NHTSA)に宛てた書簡において、「機械学習と自動化の研究に多くの投資をしている」と表明しました。 そのため「交通を含む多くの分野でシステムが自動化される可能性にわくわくしている」とし、自動運転に過度な規制を設けないよう要望したとのことです。 Appleの自動 …

記事全文を見る>> 

ここまで進んでいるか!テスラの完全自動運転車の自走動画

電気自動車メーカーのテスラ(Tesla)が、テスラが開発した「Autopilot」を使って完全自動運転する様子を動画として公開しています。 人は乗っていますが、手は触れない状態で乗車しています。自動運転自動車は右折や左折を難なくこなし進んでいきます。 テスラが公開している動画(Tesla Self-Driving De …

記事全文を見る>> 

Apple、電気自動車開発よりもARシステムの開発に専念か

KGI証券の(KGI Securities)アナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏によると、Appleは電気自動車開発よりもAR(拡張現実)を活用した「革新的なユーザーエクスペリエンス」を提供する自動運転システムなどを開発していると述べています。 Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Wa …

記事全文を見る>> 

Appleの自動運転自動車プロジェクト「タイタン」が迷走か?

Bloombergによると、Appleは、プロジェクト「タイタン」(Project Titan)として知られている電気自動車の計画について、既存の自動車メーカ-と協力することも、再び自社設計を目指すことも可能な柔軟性を持たせるため自律運転のシステム開発にプロジェクトの焦点を移したと伝えています。Appleは、自動運転シ …

記事全文を見る>> 

Apple、自動運転電気自動車開発プロジェクト「Titan」の方向性を修正!?

PcMagが、Appleのプロジェクト「Titan」について、これまでの情報とは異なり、自動運転電気自動車の開発を目指していないと伝えています。 Appleは、上手くいっていなかった「Titan」に元上級副社長で実力者のボブ・マンスフィールド氏を投入し、プロジェクトの再評価を行い、解雇などを行いました。 これにより「T …

記事全文を見る>> 

F1の「マクラーレン」、Appleによる買収交渉を否定!

AppleがF1で有名な高級自動車メーカーの「マクラーレン(McLaren)」を買収しようとしているとフィナンシャルタイムズが伝え、大きな話題となっています。 買収価格は13億ドル(約1,300億円)〜19億ドル(約1,900億円)とされています。 なお、その後マクラーレンは、Appleとの買収交渉を否定しています。ニ …

記事全文を見る>> 

Apple、元幹部のボブ・マンズフィールド氏を自動車開発プロジェクトの責任者に起用

The Wall Street Journalによると、Appleが、元幹部のボブ・マンズフィールド(Bob Mansfield)氏を自動車開発プロジェクトの責任者に起用したとのことです。 『マンズフィールド氏はノートパソコン「MacBook Air(マックブック・エア)」やデスクトップパソコン「iMac(アイマック) …

記事全文を見る>> 

Apple Car、発売は2021年?

Appleが、独自に自動運転電気自動車「Apple Car」を開発していることは周知の事実となっています。 その社内プロジェクトは、「Titan」と呼ばれ、1,000人以上の社員が携わっているとの情報が流れていました。 その「Apple Car」について、The Informationが、開発が遅れ、当初の目標であった …

記事全文を見る>> 

Apple、電気自動車の充電ステーション建設を検討か?

Appleが、電気自動車(Apple Car)の開発に取り組んでいることは周知の事実ですが、電気自動車の販売には、本体以外に充電設備の普及も必要となっていきます。 これについてReuterが、充電ステーション建設について、Appleがその技術を持つ企業と接触していると伝えています。 ただ、充電ステーションの技術を持つ技 …

記事全文を見る>> 

Appleの研究開発費が100億ドル(約1兆900億円)を超える!電気自動車開発費が増加?

AboveAvalonのアナリスト、Neil Cybart氏が、Appleの2016年の研究開発費が100億ドル(約1兆900億円)を超えると報告しています。 昨年から約30パーセントも増加しており、同氏は、Apple Watch、iPhoneなどといった製品やストリーミングサービスによって大幅に増加しているのではなく …

記事全文を見る>>