カテゴリー: 書籍

Posted in 書籍

生きて死ぬ私

すべては、脳内のニューロンの発火現象に過ぎないのか? そして私たちの心は、すべて脳の物理的、生理的な現象に還元されるのだろうか? 多くの人が悩んできた問題だ。 脳科学が進む前は、うつ病と言えば、実存的な悩みが深すぎてなるものだと思われていた…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in 書籍

アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る

この本が述べているとおり、現代社会においては、オフラインとオンラインの境界が分からなくなっている。 「アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る」の著者は、藤井 保文 (著)、 尾原 和啓 (著)は、OMO(Online Merges…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in 書籍

カリスマデザイナー、ジョナサン・アイブ

カリスマデザイナー、ジョナサン・アイブ氏が、本日Appleのニュースリリースで発表された。 突然だった人もいるだろうが、2016年の頃から、アイブ氏が、Appleのを去るのではないかとの観測が流れていた。 当時のアイブ氏は、Appleの新キ…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in 書籍

日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

この20年間で、アメリカの名目GDPは約4倍になり、中国は約6.7倍になった。しかし、失われた20年の停滞を続けた日本の名目GDPは、約1.6倍と大きく後れを取っている。 しかも、2017年における中国の名目GDPは、日本の約2.7倍と大き…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in 書籍

「時間オタク」の時間術大全

私たちは、どれだけ時間を無駄にしているだろうか。 毎日、だらだとテレビを眺めたり、取り憑かれたようにYouTubeを見たり、空いた時間があるとスマホをいじっている。 私も例外ではなく、そのような生活を送りがちだ。 仕事と言えば、組織の中に組…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in 書籍

サザンオールスターズ公式データブック1978-2019

Apple Musicなどのストリーミングサービスで、いまだに配信されていない当大物と言えば、サザンオールスターズだ。 特に40歳以上の人にとっては、サザンが、日常生活のバックグラウンドに流れた記憶がある人が多いと思う。 筆者は、湘南が好き…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in 書籍

まんがでわかるデザイン思考

筆者も注目してた「デザイン思考」だが、イノベーションを起こすための方法や手段が、なぜ「デザイン思考」と呼ばれるのか、よく分かっていなかった。 その名称と内容は、アメリカのデザインコンサルティング会社・IDEO社が提唱したことから始まった。 …

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in 書籍

中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書

明治天皇の玄孫である作家の竹田恒泰氏が、中学歴史の教科書検定に挑戦したのは、有名な話ですが、当然ながら、その神話の多い内容の教科書は、文部省の検定を通過することができませんでした。 この人は、飲食店の経営を行っていたりと、かなり多彩な方でお…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in 書籍

ティム・クック―アップルをさらなる高みへと押し上げた天才

2011年10月、Appleの共同創設者が死の床にあったとき、家族以外にジョブズ氏に寄り添っていたのは、親友のデザイナー、ジョナサン・アイブ氏とすでにジョブズ氏の後継者と決まっていたティム・クックCEOでした。 ほとんどのAppleユーザー…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in 書籍

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

文章というものは、つくづく奥が深いと思う。筆者もブログで文章を書いているが、基本的に表現が単調で、ワンパターンになってしまう。 プロの作家の小説やエッセイを読むと、その表現力に(当然ながら)脱帽してしまう。 しかし、文章はそうそう上手くなる…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶