カテゴリー: 書籍

Posted in 書籍

[ベストセラー]このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

組織で働くビジネスマンならば、最低、何回かは転職を考えラことがあるはずだ。ただ、それを実行に移すかどうかは別物だ。 人間にとって、転職で環境が変わることはストレスのかかることだし、転職後の職場の人間関係も心配だ。 「転職に必要なのは、情報で…

記事の続きを読む / Continue Reading
Posted in 書籍

夏の清涼剤として、神秘家を知りたい方へ「神秘家列伝」

ゲゲゲの鬼太郎と言えば、妖怪で有名ですが、古今東西の神秘化を紹介する「神秘家列伝」もユニークなマンガです。 神秘家列伝 其ノ壱 天使と話せたスウェーデンボルグ、空を飛んだミラレパ、ゾンビ伝説のマカンダル、夢見男の明恵……。 神秘家列伝 其ノ…

記事の続きを読む / Continue Reading
Posted in 書籍

ベストセラー「もう銀行はいらない」

上念氏は、最近ではネット番組によく出演しているし、朝のラジオ番組のコメンテーターもやっていて、歯に衣着せない物言いで有名。 上念氏が言うまでも無く、AIの普及によって、まもなくなくなる仕事の上位に銀行業務がある。これまで銀行は、融資の審査の…

記事の続きを読む / Continue Reading
Posted in 書籍

【ベストセラー】山本太郎 闘いの原点

今回の参議院銀選挙で注目を集めたのは、れいわ新撰組の山本太郎とN国党(NHKから国民を守る党)の立花孝志の2人だ。 2人が所属する政党は、共に全体の得票数の2パーセントを獲得し、晴れて政党交付金が交付される政党として認められた 中でも注目株…

記事の続きを読む / Continue Reading
Posted in 書籍

ベストセラー、ほんこんの「本のミカタ – ボク、この国のことを愛してるだけやで!」

お笑い芸人のほんこんが初めて書いた「本のミカタ – ボク、この国のことを愛してるだけやで!」は、7月20日発売で、今日まで予約受付中ですが、すでにAmazonでベストセラーになっています。 香港んと言えば、関西ローカルの「正義の…

記事の続きを読む / Continue Reading
Posted in 書籍

ベスセラー「社長の一流、二流、三流」

上野 光夫 (著)「社長の一流、二流、三流」をLifehackerで取り上げていたので紹介する。 この本のキモは、以下の文章だ。 三流は、社員を自分に服従させ、 二流は、社員のメリットを考え、 一流は、どうやって動かす? 三流社長や三龍管理…

記事の続きを読む / Continue Reading
Posted in 書籍

【ベストセラー】ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

最近よく、仕事に遊び感覚を盛り込むという話しをよく聴く。仕事を楽しく、さらに発想豊なものにするために遊んでいる感覚で仕事ができるように組織の意識を変えていこうとするものだ。 これまでの仕事は、真面目に堅苦しく、上意下達で苦しいものだった。上…

記事の続きを読む / Continue Reading
Posted in 書籍

直感と論理をつなぐ思考法 ー 妄想が世界を変えるのか?それとも混乱させるのか?

さて、多くの企業や組織で働いているみんさんは、多くの妄想に取られ、さらに事実に基づかない多くの妄想に囚われた上司の下で、日々、砂をかむような無駄な仕事をしている人が多いのでは? 「根拠のない妄想」を手なずけ、強烈なインパクトを生み出す、知的…

記事の続きを読む / Continue Reading
Posted in 書籍

ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

今、職場は大きく変わっている。 セクハラ、パワハラ、マタハラなどは、許されなくなり、働き方改革で時間外労働も制限されるという状況下、会社側も労働社側も意識を変えざるを得ない状況に来ている。 「ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・…

記事の続きを読む / Continue Reading
Posted in 書籍

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

ファクトフルネスとは? データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣なのだとか。 確かにこのような本が出版されるのは、世の中で影響力を持つ人たちの多くが、思い込みによって決断をしているからだろう。 ワンマンの経営者は、自分の考えこそが正しいと…

記事の続きを読む / Continue Reading