ベスセラー「社長の一流、二流、三流」

上野 光夫 (著)「社長の一流、二流、三流」をLifehackerで取り上げていたので紹介する。 この本のキモは、以下の文章だ。 三流は、社員を自分に服従させ、 二流は、社員のメリットを考え、 一流は、どうやって動かす? 三流社長や三龍管理職は、「社員を自分に服従させ」ることを考 …

記事全文を見る>> 

【ベストセラー】ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

最近よく、仕事に遊び感覚を盛り込むという話しをよく聴く。仕事を楽しく、さらに発想豊なものにするために遊んでいる感覚で仕事ができるように組織の意識を変えていこうとするものだ。 これまでの仕事は、真面目に堅苦しく、上意下達で苦しいものだった。上司にしろ、部下にしろ、分厚い鎧を着て仕事 …

記事全文を見る>> 

直感と論理をつなぐ思考法 ー 妄想が世界を変えるのか?それとも混乱させるのか?

さて、多くの企業や組織で働いているみんさんは、多くの妄想に取られ、さらに事実に基づかない多くの妄想に囚われた上司の下で、日々、砂をかむような無駄な仕事をしている人が多いのでは? 「根拠のない妄想」を手なずけ、強烈なインパクトを生み出す、知的創造の新技法とは? 「妄想→知覚→組替→ …

記事全文を見る>> 

ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

今、職場は大きく変わっている。 セクハラ、パワハラ、マタハラなどは、許されなくなり、働き方改革で時間外労働も制限されるという状況下、会社側も労働社側も意識を変えざるを得ない状況に来ている。 「ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式」山口 周 (著)では、「オール …

記事全文を見る>> 

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

ファクトフルネスとは? データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣なのだとか。 確かにこのような本が出版されるのは、世の中で影響力を持つ人たちの多くが、思い込みによって決断をしているからだろう。 ワンマンの経営者は、自分の考えこそが正しいと思っている。本人は、自覚していなくても、 …

記事全文を見る>> 

生きて死ぬ私

すべては、脳内のニューロンの発火現象に過ぎないのか? そして私たちの心は、すべて脳の物理的、生理的な現象に還元されるのだろうか? 多くの人が悩んできた問題だ。 脳科学が進む前は、うつ病と言えば、実存的な悩みが深すぎてなるものだと思われていた。しかし、現在は脳内物質の伝達状況の問題 …

記事全文を見る>> 

アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る

この本が述べているとおり、現代社会においては、オフラインとオンラインの境界が分からなくなっている。 「アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る」の著者は、藤井 保文 (著)、 尾原 和啓 (著)は、OMO(Online Merges with Offline)を提唱してい …

記事全文を見る>> 

カリスマデザイナー、ジョナサン・アイブ

カリスマデザイナー、ジョナサン・アイブ氏が、本日Appleのニュースリリースで発表された。 突然だった人もいるだろうが、2016年の頃から、アイブ氏が、Appleのを去るのではないかとの観測が流れていた。 当時のアイブ氏は、Appleの新キャンパスやアApple Storeのデザ …

記事全文を見る>> 

日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

この20年間で、アメリカの名目GDPは約4倍になり、中国は約6.7倍になった。しかし、失われた20年の停滞を続けた日本の名目GDPは、約1.6倍と大きく後れを取っている。 しかも、2017年における中国の名目GDPは、日本の約2.7倍と大きく水をあけられている。 それとともに日本 …

記事全文を見る>> 

「時間オタク」の時間術大全

私たちは、どれだけ時間を無駄にしているだろうか。 毎日、だらだとテレビを眺めたり、取り憑かれたようにYouTubeを見たり、空いた時間があるとスマホをいじっている。 私も例外ではなく、そのような生活を送りがちだ。 仕事と言えば、組織の中に組み込まれて、適当に使われている。 だから …

記事全文を見る>> 

サザンオールスターズ公式データブック1978-2019

Apple Musicなどのストリーミングサービスで、いまだに配信されていない当大物と言えば、サザンオールスターズだ。 特に40歳以上の人にとっては、サザンが、日常生活のバックグラウンドに流れた記憶がある人が多いと思う。 筆者は、湘南が好きなので、サザンの思い出は多い。特に「夕陽 …

記事全文を見る>> 

まんがでわかるデザイン思考

筆者も注目してた「デザイン思考」だが、イノベーションを起こすための方法や手段が、なぜ「デザイン思考」と呼ばれるのか、よく分かっていなかった。 その名称と内容は、アメリカのデザインコンサルティング会社・IDEO社が提唱したことから始まった。 もともとのIDEOの方法論は以下の通り。 …

記事全文を見る>>