あなたの最期の言葉は?

ピューリッツァー賞を受賞した作家で腫瘍学者のシッダールタ・ムカジー氏が2024年5月にペンシルベニア大学で行った卒業式のスピーチのメッセージで次のようなことを述べました。

「この移行期に私が出会った人は皆、4つのことを捧げたいと言っていました」とムカジー氏は卒業生たちに語りました。

自分の死が近づいていることを知っている人は、一般的に次の 4 つのフレーズのいずれかを言うことが多いようです。

「あなたを愛しています。」
「あなたを許します。」
「私を愛していると言ってくれますか?」
「私を許してもらえませんか?」

このことで最期の自分を解放したいのです。

そうならないようにカウデン氏は次の 4 つのステップに従うことを推奨しています。

・自分の悪い行動に対して責任を持ちなさい。
・後悔と罪悪感を体験してください。
・誠意を持って謝罪し、改善策を講じるよう努めてください。
・この経験から学び、今後の行動を改善しましょう。

突然死ではなく、自分が死ぬことが分かっていれば、様々な行動をとることができます。

「頼まれなくてもパートナーの車を洗車に連れて行ったり、花束を贈ってお母さんを驚かせたりしましょう。友達と夕​​食に出かけたり、誰かを抱きしめたりしましょう。ただ『愛している』や『感謝している』と伝えましょう」とカウデン氏は語っています。

人生を悔いの無いものにするための教訓です。

(via Inc)

Last Updated on 2024年6月12日 by Editor

Visited 4 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です