成功者は「ニュートラルゾーン」を大事にする。

ニュートラルゾーンとは、1960 年代に大きな危機を乗り切るリーダーを研究したウィリアム・ブリッジズという哲学者に由来します。

ブリッジは、最高のリーダー、ドラマを最小限に抑え、従業員のストレスを最もスムーズに乗り越えたリーダーは、すべて非常に重要なことを行っていることを発見しました。

リーダーのニュートラルゾーンとは、何かを吸収し、ただ考えるだけで大​​きな変化に対応するこの休閑期間のことです。大きな変化が企業と個人の両方にとって大きな危機に発展するのを防ぐために重要です。

ただ、ニュートラルゾーンを飛ばすと、同じことを繰り返すリスクがあり、後悔することさえあります。
ポイントは、ただ休むことではなく (私たちの多くは実際に休むこともできますが)、内省することです。

次のキャリアの動きについて考えたり、自分の野望を固めようとしたりしてはダメです。ニュートラルでエンジンをゆっくりと回転させてください。そして、それが正しいと感じたら、それを行うことです。

たとえそれが、しばらくの間の請求書を支払うためだけに貯蓄に没頭したり、より少ない仕事に就くことを意味したとしても人生に大きな変化をもたらす前に、ニュートラルゾーンでしばらく過ごすようににすることが大切です。

最終的には、本当に幸せになれる場所にたどり着く可能性がはるかに高くなります。

(via INC

Last Updated on 2022年11月17日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です