キンプリの紅白出場決定は、ジャニーズ事務所がティアラの猛烈な反発を恐れたから?

これまでの紅白で初めてのことが起こった。

それは、キンプリ(King & Prince)から、平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太が来年5月に脱退、ジャニーズも退所すると発表されているにもかかわらず、脱退者が3名もいるキンプリの出場をジャニーズ事務所が阻止しなかったことだ。

その背景には、やはり、現在のジャニーズのココ寸園の間にデビューした若手グループ、キンプリ、Snow Man、SixTONES,なにわ男子、Travis Japanの中で一番の人気がキンプリであるためだ。

多田それだけでは、ジュリー社長が、嫌っていたキンプリをこれれまでの慣例を破って出場することはなかっただろう。

それは、ジャニー喜多川時代と異なり、芸能界やテレビ局に対するジャニーズ事務所のグリップ力が弱まわっていることだ。

ガーシー、今後、ティアラ(キンプリのファン)のために徹底的にジュリーさんをめくりあげて行くと宣言!

それはジュリー社長にジャニー喜多川氏のようにカリスマ性がないことと、および露骨にえこひいきで、キンプリを推さないどころか、お気に入りのなにわ男子ばかり推すジャニー社長を頂点とする体制にティアラと呼ばれるキンプリのファン達が怒っていたことだ。

それが3人の脱退発表で頂点に達した。これを無視してキンプリを紅白から干せば、ティアラからの猛反発をジュリー母子が受けて、なにわ男子への批判に向かうような勢いだったことだ。

だから、ジュリー社長が、ことを丸くおさめるためにKing & Prince、SixTONES、Snow Man、なにわ男子とTravis Japanを除く、若手3グループを紅白に出すことでNHKと話を付けたのだ。

以下が、紅白の出場者一覧だ。

【紅組】
IVE(初)
あいみょん(4)
石川さゆり(45)
ウタ(初)
Aimer(初)
工藤静香(9)
坂本冬美(34)
篠原涼子(2)
Superfly(6)
SEKAI NO OWARI(6)
天童よしみ(27)
TWICE(4)
NiziU(3)
乃木坂46(8)
Perfume(15)
日向坂46(4)
MISIA(7)
水森かおり(20)
milet(3)
緑黄色社会(初)
LE SSERAFIM(初)

【白組】
Official髭男dism(3)
関ジャニ∞(11)
KinKi Kids(2)
King & Prince(5)
King Gnu(2)
郷ひろみ(35)
Saucy Dog(初)
JO1(初)
純烈(5)
鈴木雅之(5)
SixTONES(3)
Snow Man(2)
なにわ男子(初)
Vaundy(初)
BE:FIRST(初)
福山雅治(15)
星野 源(8)
三浦大知(4)
三山ひろし(8)
山内惠介(8)
ゆず(13)

(カッコ)内は、出場回数。

レイニーS

Last Updated on 2022年11月17日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です