エンリケ、離婚後、本名を「佐野理恵」から「服部理恵」に戻す。元夫の豚(佐野亮太)は、「離婚は認められない」と未練たっぷりの情けない男ぶりを晒す!

エンリケは、第2の人生をスタートするために本名を「佐野理恵」から「服部理恵」に戻すと発表しました。

離婚によって、「エンリケ空間」のポンジスキーム詐欺疑惑はなくなるわけではなく、出資者にお金を返す責任を負っていることは忘れないで欲しい。

しかし、エンリケは、11月1日から、古巣のアールズカフェでキャバ嬢に戻るとし、現在は、ドサ回りでキャバ嬢として働いている。

インスタを見る限り、キャバ嬢として働くエンリケは生き生きしているようだ。

それに比べて、豚は、エンリケに未練たっぷりで、以下のようなコメントをインスタで発信している。

実は、離婚届は、1ヶ月前に、詐欺疑惑が起こったときにサインしたもので、その後、復縁したから無効だと思っているようだ。

しかし、エンリケは、その離婚届に自分のサインをして、豚には秘密で役所に提出。見事、離婚届は受理され、離婚届が成立した形だ。

今後も、佐野亮太が社長という形で「エンリケ空間」は残る。また、豚が「エンリケ」という名前を利用して悪いことを考えなければ良いのだが。

かつて詐欺罪でつかまった人なので、エンリケがいなければ、多田の詐欺師になってしまう。

レイニーS

Last Updated on 2022年10月28日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です