Apple、macOS 13 Venturaのパブリックベータ6を公開

Appleは本日、macOS Venturaの6番目のベータ版をパブリック ベータ テスト グループに公開し、一般ユーザーが新しいmacOS Venturaオペレーティング システムをリリース前にテストできるようにしました。

パブリックベータテスターは、 Apple Beta Software Programのサイトから適切なプロファイルをインストールした後、システム環境設定アプリのソフトウェア アップデート セクションから macOS 13 Venturaのアップデートをダウンロードできます。

macOS Venturaは、ステージマネージャーを導入しました。これは、他のアプリを待機させながらタスクに集中するための新しいマルチタスクオプションです。Stage Managerは、メインのアプリを前面中央に配置し、他のアプリを横に押し込んですばやくアクセスできるようにします。

Continuity Cameraを使用すると、iPhoneをMac の Web カメラとして使用でき、内蔵のMac カメラよりもはるかに優れたカメラ品質を提供します。

HandoffはFaceTimeと連携するようになったので、Mac で通話に応答して別のデバイスに転送することができます。また、iMessagesには取り消し、編集、および未読としてマークする機能が追加されています。

SharePlayは、FaceTime に加えてメッセージでも機能するようになり、メールアプリは見直されました。検索の関連性が高まり、電子メールのスケジュールを設定でき、送信後最大10秒間電子メールを元に戻すオプションがあります。

Apple は天気アプリと時計アプリをMacに導入し、システム環境設定を再設計してシステム設定に名前を変更し、共有タブ グループのサポーを追加しました。iOS 16と macOS Venturaでは、パスワードがより安全なパスキーに置き換えられ、Spotlight、Visual Lookup、Live Textなどの更新が行われています。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月22日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。