Apple、iOS 16.1のパブリック ベータ 2を公開

Appleは本日、 iOS 16.1アップデートの2 番目のベータ版を公開ベータ テスターに​​公開しました。また、iPadOS 16.1の新しいパブリックベータと、watchOS 9.1 の新しいパブリックベータを同時に公開しました。

AppleのApple Beta Software Program(無料)にサインアップしたパブリック ベータ テスターは、パブリック ベータ Web サイトから適切な証明書をインストールした後、iOS 16.1 ベータを無線でダウンロードできます。

Apple によると、iOS 16.1 ではライブアクティビティが導入されます。これは、リアルタイムで起こっていることを監視できるように設計されたインタラクティブな通知機能です。ライブアクティビティはロック画面とダイナミック アイランドで利用できますが、現在、開発者がサポートの実装に取り​​組んでいるため、ベータ版では表示されません。

このアップデートには、米国のクリーンエネルギー充電機能が含まれており、炭素排出量の少ない電力が利用可能なときにiPhoneを選択的に充電し、さらにAppleがこの秋にサポートを開始する予定のスマートホーム標準であるMatterの基礎を築きます.

iOS 16.1の2番目の開発者向けベータ版では、バッテリーステータス バー・アイコンのデザインが微調整され、充電レベルの視覚的な表示が追加されました。また、バッテリーのフォントを変更し、ロック画面の充電インジケーターを更新し、コピー アンド ペーストのバグを修正しました。

その他の新機能には、削除可能なウォレット アプリ、ロック画面のカスタマイズ インターフェイスの変更などが含まれます。詳細については、iOS 16.1 機能ガイドを参照してください。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月22日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。