iPhone 14 Proモデル、本年後期のiPhone出荷の最大65%を占める可能性

アナリストのMing-Chi Kuo氏が、新しいiPhone 14 Proモデルに関するレポートで、Appleは当初これらのモデルに注力してきたため、今年後半にProモデルの出荷予想を高めているとのことです。

投稿で、Kuo氏は「生産ラインの切り替え後、iPhone 14 Proモデルは、2H22のiPhone 14の総出荷数の60〜65%を占めるでしょう」(以前の見積もりでは 55-60%)と述べています。

彼が先週報告したように、予約注文の週末に通常モデルの需要が低迷した後、アナリストがこのレポートで裏付けているように、Appleはより多くの iPhone 14 Proおよび 14 Pro Maxモデルを生産するという予想を変更しました。

iPhone 14 Pro Maxは、2H22のiPhone 14の総出荷量の 30 ~ 35% を占め、最も人気のある iPhone 14モデルです。

iPhone 14の通常販売の低迷がAppleにとって問題になる可能性があると考える人もいますが、実際には、同社はより高価なモデル(熱心な顧客が喜んで購入するバージョン)に重点を置いており、その後AppleはiPhone 14 Proを縮小すると予想され、価格の安いレギュラーモデルを中心に生産します。これが、通常のAppleのiPhone生産の流れです。

Kuo氏は iPhone 14 Proの生産増加の恩恵を受ける企業を強調しています。

(1) Sony (48MP CISの唯一のサプライヤ)
(2) Largan (望遠レンズの主要サプライヤーであり、超広角カメラ VCMの2番目のサプライヤー)
(3) LG Innotek (リアCCMの唯一のサプライヤー)
(4) アルプス(望遠カメラVCMの総供給元)
(5)ミネベア(超広角カメラVCMのメインサプライヤー)
(6) Samsung Display (Pro モデルのパネルのほぼ唯一のサプライヤー)
(7) FII/Foxconn Technology (ステンレスメタルフレームの主要サプライヤー)
(8) Hon Hai (Pro モデルの唯一のEMS)

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月21日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。