エア・カナダが30機の電動飛行機を発注

画像ソース:Air Canada

モントリオールに本拠を置くエア・カナダは9月15日、ハートエアロスペースのES-30電気航空機を 30機発注したと発表しました。エア・カナダはまた、このスウェーデンのメーカーの500 万ドル(役7億2,000万円)の株式を取得しました。

2028 年に就航予定のこの飛行機は、2人1人配置で30人の乗客を乗せ、全電動モードで最大124 マイル (200 キロメートル) 飛行するように設定されています。

エア・カナダによると、バッテリーが発電機で補われた場合、航続距離は249マイルまで、定員が25 人に制限されている場合は497 マイルまで延長できます。

エア・カナダの社長兼 CEO であるマイケル・ルソー (Michael Rousseau) 氏は、プレスリリースで次のように述べています。「ハートエアロスペースの ES-30電気リージョナル航空機を当社のフライトに導入することは、2050年までに正味ゼロ排出という当社の目標に向けた一歩前進となるでしょう」

この動きは、エア・カナダの脱炭素化への取り組みを補完するものです。ルソー氏によると、航空会社は持続可能な航空燃料とCO2 排出量を削減するための炭素回収システムを開発しています。

エア・カナダは 4 月に、サンフランシスコからカナダのトロント、バンクーバー、カルガリー、モントリオールへのフライトを4便運航しました。航空燃料は、石油精製会社であるNesteから供給された持続可能な航空燃料を使用しています。

エア・カナダは、ハートエアロスペースの電気飛行機の注文を確認した北米の航空会社としては 2 番目です。2021年7月、ユナイテッド航空は、地域のパートナーであるメサ航空と共に、19 人乗りバージョンの ES-19 を 200 機購入することを発表しました。この航空機は、ES-30より2年早い 2026年に就役する予定です。

他のいくつかの航空会社もハートエアロスペースに関心を示しています。ニュージーランドのサウンズ エアは、2026年までに「少なくとも3 機」の ES-19を保有すると述べました。

フィンエアー、スウェーデンの航空会社 BRA、ノルウェーのヴィデロー、エア グリーンランド、ケベックのパスカン、カリフォルニアのクアンタム エア、英国の新興航空会社シティクリッパー、スカンジナビア航空がすべて発注の署名済みです。

世界の航空会社と航空規制当局が2050年までに正味ゼロ排出を推進する中、業界がより環境に優しい運航に向けて動き続けているため、電動飛行機への関心が高まっています。アメリカン航空は7月にバーティカル・エアロスペースのVX4 eVTOLを発注しました。

デルタ航空は、電気航空機に投資していない唯一の米国の大手航空会社です。

(via Business Insider

Last Updated on 2022年9月21日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。