この新しい危険な計画は、気候変動の深刻な影響を逆転させるのに役立つ可能性がある

画像ソース:tonguy324 /アドビ

科学者たちは、地球を冷やすことができる「比較的低コスト」の計画を思いつきました。北極と南極の温度を下げることを目的とするこの計画は、地球が苦しんでいる気候変動の恐ろしい影響の一部を逆転させるのに役立つ可能性があります。唯一の欠点は、この技術では極上の大気中に非常に大量の二酸化硫黄を放出する必要があることです。

科学者たちは、このアイデアは火山の周りで見られる冷却効果を模倣することだと言います. 二酸化硫黄は、成層圏エアロゾル注入(SAI)を使用してエアロゾルの形で大気中に放出されます。これは非常に物議を醸す技術であり、地球を冷やす方法として何度か登場しています。

大気中に放出されると、二酸化硫黄が集まり、水分子と結合して硫酸を生成します。科学者たちは、酸は約3年間その場所にとどまるだろうと言います. その間、それは危険な太陽放射を反射し、地球の極を摂氏 2 度まで冷却する冷却効果を生み出します。

この考えは科学界で非常に物議を醸しています。大気中に大量の硫酸を放出することの問題は、最終的には雨が降らなければならないことです。これは、硫酸の液滴が大きくなりすぎて大気中にとどまることができない場合に発生します。したがって、彼らは地球に降り注いでいます。

この酸性雨は、相互作用する植物にとって危険であるだけでなく、北極と南極を故郷と呼ぶ動物や生態系にも害を及ぼします。このため、多くの人が、悪名高いスペース バブル技術など、地球を冷やすために考えられる他の計画に向けて舵を切ろうとしました。

さて、北極と南極を故郷と呼ぶペンギンやその他の動物に酸性雨を降らせたいと思う人は誰もいないことを心に留めておいてください。しかし、人類は厳しい状況にあります。NASA が作成した地球の気温の歴史を示す gif によると、地球の気温はこれまで以上に上昇し続けています。地球を冷やさないと、2050 年までに北極から夏の氷が消える可能性があります。

地球を冷却する方法を見つけることは、現在多くの人にとって優先事項であり、これは科学者が提案した多くの可能な解決策の 1 つにすぎません。気候変動は地球に永続的な影響を与えるため、私たちは皆気候変動を恐れるべきです。

SAI が北極と南極に及ぼす影響に関する研究が、今月、 Environmental Research Communicationsに掲載されました。最終的に、気候変動への対処方法を決定しなければならない時間はなくなりつつあります。SAIは決して最良の選択肢ではありません。しかし、別の結果が見つからない場合、科学者は、地球を冷やすために、このような物議を醸す技術に頼る必要があるかもしれないと述べています

(via BGR

Last Updated on 2022年9月21日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。