iPhone 14 Proのユーザーはカメラアプリの「遅い起動」について不満

一部のiPhone 14 Proユーザーはカメラアプリに問題を抱えており、カメラを開いたときに読み込みに数秒かかるとの苦情が寄せられています。

影響を受けるユーザーは、カメラアプリのアイコンがタップされた後、カメラアプリがアクティブ化されるまでに4 ~ 5秒かかることを確認しています。なお、この問題は、カメラを一度開いた後に発生しています。

iPhone 14 Pro (Max 以外) でも同じ問題が発生します。電話を再起動してカメラアプリを起動すると、カメラはすぐにオンになります。カメラアプリを閉じてから開いた後、カメラがオンになるまでに常に4~5秒かかります。カメラを使用して他のアプリをテストしましたが、すぐにオンになります。これはソフトウェアのバグだと思います。

カメラアプリを手動で閉じて再度開いた場合、またはソフトウェアの再起動後に問題は発生しません。カメラアプリがバックグラウンドで実行されている場合にのみ発生するようであり、これはすべてのユーザーに影響を与えると思われる問題ではありません. 苦情は主にiPhone 14 Proおよび Pro Maxユーザーからのもので、すべての写真モードで発生します。

iOS 16.0.1 アップデートでは、影響を受けるユーザーの問題は修正されていないようです。iPhoneを再起動しても永続的な問題は解決しません。また、デバイスを工場出荷時の状態にリセットしても解決しません。

これはカメラアプリのRAM管理の問題である可能性があることを発見しました.。最初にアクセシビリティ設定でAssistive Touchを有効にしてiPhone 14 ProのRAMをクリアするときは、カメラアプリは常に最初の試行ですばやく起動します。ただし、その後のカメラ アプリの起動では、アプリが開くまでに約 5 秒かかります。

この問題も来週リリースが見込まれるiOS 16.02で解決される可能性があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。