iFixit、iPhone 14の分解、ディスプレイと背面ガラスが簡単に取り外せる新しいデザインを称賛(動画あり)

分解修理のiFixitは、標準のiPhone 14のビデオ分解を共有しました。ブログ投稿で、iFixit CEOのKyle Wiens氏は、デバイスのより修理しやすい内部設計を称賛し、iPhone X以来、最も実質的なiPhone の再設計と呼んでいます。

いくつかのレビューで言及されているように、iPhone 14および iPhone 14 Plusは、iPhone 4S 以来、デバイスの背面から開くことができる最初の iPhoneモデルです。

iFixitによると、ディスプレイと背面ガラス パネルは 2 本のネジと1つまたは2つのコネクタだけで固定されているため、両方のコンポーネントの取り外しと交換が簡単になっています。

Apple StoreおよびApple 正規サービスプロバイダーは、顧客の既存のディスプレイ、背面ガラス、および背面カメラに損傷がない限り、ミッドフレームを新しいものに取り付けることで、ミッドフレームを交換できます。

「構造を支える新しい金属製ミッドフレームには、内部全体の再設計、RFの再考、および侵入保護境界の効果的な倍増が必要でした」とWiens氏は付け加えました。
「言い換えれば、Appleは設計図に戻り、修理を容易にするためにiPhone の内部を作り直したのです」

新しい内部設計により、背面ガラスにひびが入った iPhone 14およびiPhone 14 Plusモデルの修理料金が169 ~ 199ドルと大幅に安くなります。

Apple のドキュメントによると、iPhone 14 および iPhone 14 Plusでバックガラスを交換した後、システム構成として知られるソフトウェアキャリブレーションプロセスが必要です。

システム構成が完了していない場合に何が起こるかは不明ですが、非純正部品の警告がデバイスに表示されることから、ワイヤレス充電、LED カメラのフラッシュ、および/または背面マイクの問題まで、さまざまな可能性があります。

iFixitは、iPhone 14 Pro Maxの分解にまだ取り組んでいると述べました。内部の再設計はこれらのデバイスには及ばないため、他の分解では、両方のiPhone 14 Proモデルが通常どおり前面から開き続けることがすでに示されています。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。