Apple、iPhone 14 Proのカメラ振動問題は修理不要と発表(ソフトウェアアップデートで対応)

iPhone 14 Proで発生している撮影時におけるカメラの振動問題について、Apple は、修正を含むソフトウェア アップデートが来週リリースにより、対応するとの述べています。

これはデバイスに永続的なハードウェアの損傷を引き起こすことはありません。

「我々はこの問題を認識しており、来週修正プログラムがリリースされる予定です」とAppleの広報担当者は述べています。Apple はこれ以上の詳細を提供していませんが、修正は iOS 16.0.2ソフトウェアアップデートに含まれる可能性があります。

iPhone 14 Proおよび iPhone 14 Pro Maxの発売後、一部のユーザーは、Snapchat、TikTok、Instagram などのアプリでカメラを開くと、リアカメラのメイン/ボトム レンズが制御不能に振動し、レンズが振動することに気付きました。

YouTuber の Luke Miani は、この問題により、彼がテストしていた iPhone 14 Pro Maxのメインレンズがその後の使用で適切に焦点を合わせることができなくなったと主張しました。

Miani氏は、iPhoneをApple Store に持って行き、デバイスを新しいものと交換できたと述べましたが、永久的な損傷があったかどうかは不明です。

Apple は、この問題の根本的な原因を明らかにしていません。両方のiPhone 14 Proモデルのメインレンズには、新しい「第2世代」のセンサーシフト光学式手ぶれ補正が搭載されており、理由は不明ですが、これは憶測に過ぎません. いずれにせよ、問題は数日で修正されるはずです。

金曜日にリリースされて以来、iPhone 14 モデルで発見された他のいくつかのカメラとAirDropのバグが来週のアップデートで解決されるかどうかは不明です。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。