ロシアの外交官が、ウクライナへインターネット通信を提供するStarlink(スターリンク)衛星を攻撃目標にする可能性があると発言

画像ソース:スペースX(2019 年に打ち上げられた 60 個のスターリンク衛星のスタック)

ロシアの外交官は、ウクライナでブロードバンド アクセスを提供している Starlinkに言及していると思われる声明の中で、民間の衛星が正当な軍事目標になる可能性があると述べました。

民間衛星は「正当な報復の標的になる可能性がある」と、ロシア当局者は、宇宙の脅威を減らすための国連の無制限作業部会へ声明を出しました。

この声明は、国連軍縮局(UNODA)作業部会のロシア代表団の責任者であるコンスタンチン・ボロンツォフによる9月12日の声明の非公式英訳からのものです。翻訳は、 UNODAの会議のWebサイトで、セッションからの他の国のステートメントと共に提供されます。

ボロンツォフは次のように述べています。

「私たちは、宇宙技術の無害な使用を超えて、ウクライナでの出来事の間に明らかになった非常に危険な傾向を強調したいと思います。つまり、米国とその同盟国による軍事目的での宇宙空間での商業用インフラストラクチャを含む民間の要素の使用です。私たちの同僚は、そのような行動が実際には軍事紛争への間接的な関与を構成していることに気付いていないようです。準民間インフラは、報復の正当な標的になる可能性があります」

スペースXのStarlink部門は、ウクライナへのロシアの侵攻によりブロードバンドネットワークが混乱した後、米国が資金を提供してウクライナに衛星端末を送りました。衛星インターネットアクセスは 、ロシア軍に対するウクライナの軍事作戦で役に立ちました。

ボロンツォフ氏の声明は、民間衛星の使用は宇宙条約に違反する可能性があると主張し続けた。

「西側諸国の行動は、特に開発途上国の人々の幸福に影響を与える地球上の多くの社会的および経済的プロセスと同様に、平和的な宇宙活動の持続可能性を不必要に危険にさらしています. 少なくとも、この民間衛星の挑発的な使用は、宇宙空間の排他的平和利用を規定する宇宙条約の下では疑わしく、国際社会から強く非難されなければなりません」

ロシアのタス通信社は、2021 年 10 月にボロンツォフを外務省の不拡散・軍備管理局の副局長代理として特定したが、彼はもはやその役職に就いていない。

スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は3月、ロシアがウクライナのStarlink機器を攻撃する可能性が「高い」と警告したが、彼は宇宙の衛星ではなく地上のユーザー端末に言及していた. ロシアのサイバー攻撃は 、戦争が始まったとき Viasatが提供する衛星サービスを一時的に妨害することができました。

スペースXのイーロン・マスク氏は後に、Starlink がロシアのジャミング攻撃とハッキング攻撃に抵抗したと報告しました。当時ロシアの宇宙機関のチーフだったドミトリー・ロゴジン氏は、ウクライナを支援したとしてマスク氏を批判した。

ロシアは、2021年11月に対衛星ミサイル実験を実施した。 5年から10年で、国際宇宙ステーションを含む多くの貴重な資産が脅かされる可能性があります」と当時のArsの記事は述べています。

ボロンツォフ氏の発言に関する今日のSpace.comの記事は次のように述べている。 2021年11月にロシアが実験を行った結果、広く国際的な非難を集めたことを受けて、米国、カナダ、ニュージーランドなどの国がスペースデブリの削減に取り組んでいます。ロシアはまだそのような約束をしていません。」

4月、カマラ・ハリス副大統領は、米国は「破壊的な直接上昇対衛星ミサイル実験を実施しないことを約束する」と述べ、他のすべての国に追随するよう呼びかけた. 「簡単に言えば、これらのテストは危険であり、私たちは実施しません」とハリスは言いました。

SpaceXは3,000以上の衛星を打ち上げており、最終的に何万もの衛星を打ち上げる許可を求めているため、宇宙で Starlinkを攻撃することは簡単なことではありません。

(via Arts Technica

Last Updated on 2022年9月19日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。