もしもの時にiPhone 14を「強制的に再起動」する方法、「リカバリモード」または「DFU」を使用する方法

iPhoneは、これまでもたまに文鎮状態になって、まったく反応しない状態になることがあります。
その時には、まずは、強制的に再起動し、それでも治らない場合は、リカバリモードまたはDFUを使用します。

[強制再起動]

これは、iPhone のタッチスクリーンが機能しない場合、および/または通常どおりに電源をオフ/オンしてフリーズまたは応答しないデバイスを修正できない場合に最適なオプションです。

  • 音量アップボタンを押してすぐ離す
  • 音量ダウンボタンを押してすぐ離す
  • Apple ロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けてから放します
  • iPhone がまもなく再起動します

強制再起動が機能しない場合、または iPhone の再起動中に青色または赤色の画面が表示される場合、または起動中にフリーズする場合は、リカバリモードを使用してください。

[リカバリーモード]

  • iPhone を Lightning ケーブルで Mac または PC に接続する
  • iPhone 画面で[信頼]を選択してコンピュータへの接続を許可し、macOS Catalina 以降または PC 用 iTunes/macOS Mojave 以前で Finder を開きます
  • 音量アップボタンを押してすぐ離す
  • 音量ダウンボタンを押してすぐ離す
  • リカバリモード画面 (コンピューター + ケーブルアイコン) が表示されるまで、サイドボタンを押し続けます。
  • Finderウィンドウの左側のサイドバーでiPhoneを選択します
  • iPhoneのアップデートまたは復元を選択できるようになりました
  • アップデートを選択すると、コンピュータはデータを削除せずに iOS の再インストールを試みます。復元を選択すると、iPhone が消去され、iOS の新しいコピーがインストールされます

[DFU]

まれに、回復モードが機能しない場合、デバイスファームウェア アップグレード (DFU) モードに入ることが次のステップになることがあります。これは通常、Apple StoreのGenius担当技術者が行うことですが、自宅で実行することもできます。

  • iPhone を Lightning ケーブルで MacまたはPC に接続する
  • iPhone 画面で[信頼]を選択してコンピュータへの接続を許可し、macOS Catalina 以降または PC 用 iTunes/macOS
  • Mojave 以前で Finderを開きます
  • 音量アップボタンを押してすぐ離す
  • 音量ダウンボタンを押してすぐ離す
  • サイドボタンを10秒間長押し
  • サイドボタンを押したまま、音量ダウンボタンを5秒間押し続けます
  • サイドボタンを離し、音量を下げるボタンをさらに 10 秒間押し続けます。
  • DFU モードに入ったときにコンピュータ アイコンは表示されません。適切に DFU モードに入ると、iPhone のディスプレイは黒のままになります。(Appleロゴが表示された場合は、プロセスが正しく実行されていません。)
  • コンピューターのプロンプトに従って、デバイスのファームウェアの更新を完了します
    強制再起動を実行してDFUモードを終了できます

ボタンが壊れている、アクティベーションロックで動かなくなっている、または iPhone を充電できないなどの理由で、強制再起動を実行したり、リカバリモードまたは DFU モードに入れなかったりする場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月18日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。