SpaceXのStarlink、南極を含む7つの大陸すべてで利用可能

画像ソース:Google Earth

SpaceXのStarlink衛星ブロードバンドは、南極でのサービステストの後、地球の7 つの大陸で利用できるようになりました。

米国国立科学財団 (NSF) は、NSF が管理する米国南極計画(USAP)のロジスティクスハブとして機能する南極最大の基地であるマクマード基地でスターリンクの「極地サービス」をテストしていると発表しました。

「南極大陸のNSFが支援するUSAPの科学者たちは大喜びです。Starlinkは、マクマード基地に新たに配備されたユーザー端末で極地サービスをテストしており、科学支援のために帯域幅と接続性を向上させています」とNSFはツイートで述べています。

USAPのウェブサイトによると、南極点ステーションの通信は、バックアップとしてNASA、国防総省、エアバス、イリジウムが所有する複数の衛星に依存しています。

NASAの追跡およびデータ中継衛星 (TDRS) コンステレーションには、5Mbps の対称速度を提供する狭いSバンドリンクがあり、通話、Web 閲覧、大量の電子メール、ファイル転送、ビデオ会議に使用できます。広帯域 Kuバンドリンクは300 Mbpsの速度を提供しますが、科学研究データの送信専用です。

ただし、NASAのTDRS は、国際宇宙ステーション、ハッブル宇宙望遠鏡、SpaceX、United Launch Allianceなどの複数のユーザーによって共有されているため、南極大陸でのUSAP の使用は数週間前にスケジュールする必要があります。

マクマード基地で行われている幅広い科学的研究を考えると、衛星リソースは頻繁に制約を受ける可能性があります。このステーションは、天体物理学、地球科学、氷河学、海洋および大気科学などにまたがる研究の重要な拠点です。

USAPは、「NASA​​ は、南極点基地が科学および運用上の通信を行うための適切なアクセス時間を確保するために多大な努力を払っていますが、シームレスで一貫したアクセス スケジュールを常に提供できるとは限りません」と述べています。

SpaceXによると、南極でのStarlinkサービスは同社の「スペースレーザーネットワーク」によって実現されており、このネットワークは過去1年間テストされており、衛星間のレーザーを介した光リンクを提供しています。

SpaceXは、 Starlinkが「その衛星で完全に運用可能な光学宇宙レーザー (Optical Inter-satellite Links または ISL)」をテストしていると述べています。これらにより、宇宙船はローカルの地上局なしでデータを送信し、「真にグローバルなカバレッジ」を提供できます。光衛星間リンクは、遅延の削減にも役立ち、干渉を受けやすく、調整が必要で、帯域幅が限られている無線周波数 (RF) に依存しません。

イーロン・マスク氏は昨年 7 月に、「軌道上のレーザーリンクは、真空中の光の速度が速く、海底ファイバーよりも短い経路であるため、長距離の遅延を 50%も削減できる」と説明しました。

待ち時間を短縮するために、SpaceXは、地上のファイバーネットワークに接続し、データをStarlink衛星に送り返す地上局をさらに設置しています。昨年、SpaceXはGoogle Cloudと提携して、Google のデータセンターにStarlink 基地局を設置しました。

また、SpaceXはMicrosoftと提携して、顧客がStarlink衛星からMicrosoft Azure Modular Datacentersに接続できるようにしました。今週、Microsoftは、オプションが限られている接続を必要とする企業向けのAzure Orbital Cloud Access のプライベート プレビューを発表しました。

Azure Orbital Cloud Accessは、ファイバー、セルラー、衛星ネットワーク全体のトラフィックをインテリジェントに優先順位付けすることを約束します。優先順位付けされたネットワーク トラフィックは、Azureエッジ デバイスと結合されたSpaceXの Starlinkを介して発生し、顧客はStarlinkが動作する場所ならどこでも Microsoftクラウドサービスにアクセスできます。

(via ZDNET)

Last Updated on 2022年9月16日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。