iPhone 14 Pro Maxの分解により、内部コンポーネントが初めて公開(動画あり)

Apple は今週、iPhone 14とiPhone 14 Proのラインナップを発表しました。予約注文は先週の金曜日に開始され、最初の注文は9 月 16 日に顧客に届く予定です。ただし、一部の幸運な人々は既にiPhone 14 モデルを手に入れています。そのおかげで、iPhone 14 Pro Maxの内部コンポーネントを初め見ることができる分解が行われました。

分解はYouTubeチャンネルPBKreviewによって共有され、新しい 14 Proモデルの内部の詳細を示しています。外側から見ると、iPhone 14 Pro Maxは iPhone 13 Pro Maxとほぼ同じに見えます (少なくとも電源オフの場合)。しかし、内部にはいくつかの顕著な違いがあります。

画面を取り外すことで、新しいiPhoneの内部コンポーネントのほとんどを見ることができます。ざっと見てみると、ほとんどのコンポーネントの配置はiPhone 13 Pro Maxの配置と非常によく似ています. L字型の大型バッテリーとロジックボードが左側にあり、「A16 Bionic」と刻印された新しいカバーが付いています。

この新しいロジックボードカバーは、実際には、熱を伝達および放散するグラファイトパッドを備えた金属プレートです。Apple は基調講演で、iPhone 14のすべてのモデルには、高性能をより長く維持するためのより優れた熱システムがあり、そのシステムがどのように機能するかがわかったと述べました。

以前に報告されたように、iPhone 14 Pro Maxには 4,323mAhの容量のバッテリーが内蔵されています。コンポーネントは、iPhone 13 Proの4,352mAhバッテリーよりわずかに小さいです。

もちろん、Appleは、現在 4ナノメートルプロセスで構築されている A16 Bionic チップの最適化のおかげで、新しい携帯電話はさらにバッテリー-持続時間が長くなっています。

しかし、今年の Pro モデルで大きく異なる点の1つは、Face IDセンサーと前面カメラで構成されるTrueDepthカメラです。今回、Appleは近接センサーをディスプレイの下に配置し、すべてのコンポーネントが iPhone 13 Proのノッチよりも30%小さい領域に収まるようにしました。

分解からわかるように、新しいTrueDepthカメラモジュールは実際にははるかに小さいため、Appleは Dynamic Islandを作成できました。カメラといえば、iPhone 14 Pro Maxには前モデルと同じように3つの背面レンズがあります。ただし、今年の Proモデルは、はるかに大きなセンサーを備えた新しい 48MPワイドレンズを備えており、これは内側からはっきりと見えます.

その他の分解情報には、衛星接続モジュールの詳細と、SIM カードリーダーの欠如 (米国で販売されているモデルのみ) が含まれます。以下の完全な分解を確認できます。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月15日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。