iPhone 14 Pro Max、バッテリーテストでは iPhone 13 Pro Maxよりも2時間長持ち

新しいiPhone 14 Pro Maxは、 Tom’s Guideが実際の使用をシミュレートするために実施したバッテリーテストによると、昨年のiPhone 13 Pro Maxよりも2時間長く持続します.

Tom’s Guideは、iPhone 14 Pro Ma のレビューで、iPhone 14 Pro Maxは 1 回のフル充電で平均 14 時間42 分持続したと述べています。同様のテストで、iPhone 13 Pro Maxは 12 時間 16 分持続しました。Tom’s Guide のスマートフォンのバッテリー寿命のランキングでは、iPhone 14 Pro Max は、約 15 時間 30 分を記録したAsus ROG Phone 6 Pro に次いで2位にランクされています。

Tom’s Guideのテストでは、アプリのダウンロード、音楽の再生、写真やビデオの撮影中に、iPhone 14 Pro Maxが 5 時間で30% しか消費しないことがわかりました。

逸話的に言えば、iPhone 14 Pro Maxはバッテイーの持久性の点で非常に優れています。90%近くまで充電した後、午後1時から午後 6 時まで電話を使用してアプリをダウンロードしたり、音楽を再生したり、写真やビデオを撮影したりした後、電話のバッテリーは60%までしか低下しませんでした。

充電に関しては、Tom’s Guide のテスト結果は、iPhone 14 Pro Max が30分以内に最大50%充電できるという Appleの主張には及びませんでした。このTom’s Guideが実施したテストでは、30 分間で0%から42%までしか充電されないことが示されました。

iPhone 13 Pro Maxと比較すると、iPhone 14 Pro Maxは実際にはわずかに小さいバッテリーを搭載していますが、新しい A16 Bionicチップとより効率的なディスプレイの恩恵を受けています。iPhone 13 Proとは異なり、iPhone 14 Proは、昨年のiPhoneの 10Hz とは対照的に、1Hz の可変リフレッシュ レートを備えたより高度なOLED ディスプレイを備えています。

より効率的な OLED パネルに加えて、ディスプレイは A16 Bionic チップに組み込まれた新しいディスプレイ エンジンによって制御されるようになり、電力消費を軽減し、ProMotion、Dynamic Island、常時表示ディスプレイなどの機能を軽減します。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月15日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。