[魅惑的な美女]英国の小説家チャールズ・ディケンズが魅惑されたベアトリス・チェンチを描いた絵画

「ベアトリス・チェンチの肖像」(部分)、17世紀、ジネヴラ・カントフォリ作。JTヴィンテージ/ブリッジマン画像。

1845年初頭にローマを訪れたヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家チャールズ ディケンズは、ある絵に悩まされていました。彼は、「忘れることはほとんど不可能だった」と語っていたました。

白いターバンを巻いた若い女性が、肩越しにアーティストの方を振り返っていました。ディケンズは彼女の目に「天の希望、美しい悲しみ、荒涼とした地上の無力さ」を見ていました。

絵の主題はベアトリス・チェンチでした。彼女は 1599年9月、22 歳のときに、父親のフランチェスコ・センチ伯爵を殺害した罪で、母親と弟とともに処刑されていました。一部の歴史家は、フランチェスコが彼女をレイプしたという裁判でのベアトリスの主張を疑っています。ただ伯爵が暴力的で虐待的だったことは間違いありません。

ディケンズは、この絵に心を動かされた多くの人物の1人でした。シェリーとスタンダールの両方の作品に影響を与えました。しかし、それは18 世紀後半までベアトリスとは関係がありませんでした。後に、ボローニャの芸術家、グイド・レーニが独房でベアトリスを見たと言われたり、彼女の処刑に向かう途中だったと言われています。 これまで、この作品は、グイド・レーニの作品と考えられていました。

現在では、バロック時代にボローニャで忘れ去られた数人の女性アーティストの1人であるジネヴラ・カントフォリ作だと考えられています。

(via History Today

Last Updated on 2022年9月11日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。