iPhone 14 Proの新しい「ダイナミックアイランド」には、カメラとマイクのインジケーターが搭載されている

iOS 14以降、アプリでカメラがアクティブに使用されている場合、iPhone 14ではノッチの右側に緑色のドットが表示されます。iPhone 14 Proでは、このプライバシー ンジケーターは、新しい丸型のダイナミックアイランドのカットアウト内に表示されるようになりました。

再配置されたカメラインジケーターは、組み込みのカメラ アプリを開いたときにiPhone 14 Proを紹介するApple のビデオで見ることができ、デバイスの Appleのプレス リリースにもその画像があります。Apple によると、緑色の点は、カメラまたはカメラとマイクの両方がiPhone のアプリによって使用されていることを意味します。

iPhone 14 Pro モデルの前面カメラのすぐ横に表示される緑色のドットは、アクティブなときに MacBookのWeb カメラの横に表示される緑色のライトに似ており、デバイス間でより一貫したエクスペリエンスを提供します。

同様に、アプリが iPhone のマイクのみを積極的に使用している場合、ダイナミック アイランド内にオレンジ色のドットが表示されます。

Appleのイベント中に表示された映像は、少なくともダイナミックアイランドがライブ アクティビティなどの他のアプリで既に使用されている場合、ステータスバーのバッテリーアイコンの右側に緑とオレンジのドットが表示されることを唆していることに注意してください。

iPhone 14 Proモデル専用のダイナミックアイランドは、すべての iPhone 13 モデルに見られる従来のノッチに取って代わります。ソフトウェアの助けを借りて、カットアウトは、電話の着信、アラート、通知、Face ID 認証、タイマー、ターンバイターン方式のナビゲーション、ライブ アクティビティなどのさまざまな形やサイズに変化します。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月10日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。