iPhone 14 Proの丸型カットアウト部分は、MacカメラのLEDと同様に点灯

噂によると、iPhone 14 Prで計画されている 2 つのカットアウトは、 1 つの大きな楕円形(薬のカプセル形状)型のカットアウトとして表示され、Appleはそのスペースを緑とオレンジのカメラとマイクのプライバシーインジケーターに使用しています。

MacRumorsフォーラムのソースから得たもので、ディスプレイがどのように見えるかについて内部情報を持っているようです。ソースは、インジケーターライトがどのように見えるかについて、 追加の詳細を提供しました.

インジケータドットは「ディスプレイの他の部分よりもはるかに明るい」と説明されており、明るい状況で特に目立つものです. ソースは、インジケーターが「ある種の HDR コンテンツ」であると説明しており、外が晴れていてディスプレイが最大の明るさであっても見やすくなっています。

全体的な外観は、Webカメラがアクティブ化されたときにMacに表示される緑色のインジケータライトによく似ています。AppleはMacに明るい緑色のインジケータライトを使用しており、「iPhone 14 Pro」のインジケータライトは同様の明るさになるようです.

現在、Face ID搭載のiPhoneでは、カメラの緑色のプライバシーインジケーターとマイクのオレンジ色のプライバシーインジケーターがノッチの右側に表示されます。ライトはそれほど明るくなく、見逃しやすいため、インジケーターを明るくしてディスプレイの中央に移動すると見やすくなります。

インジケータライトが点灯していない場合、2 つのハードウェア カットアウトの間のスペースは黒くなり、1 つのカットアウトにマージされます。丸型のカットアウトは、ノッチと同じくらいの画面スペースを占有し、インジケーターライト用の余分なスペースをとります。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月2日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。