[スペースサイエンス]NASA、太陽系外惑星の小惑星を周回する「ミニムーン」を発見

NASAは、太陽系のはずれに新しいミニムーンを発見しました。この小さな衛星は、今年の3 月にルーシーによって最初に発見されました。NASAの小惑星研究宇宙船であるルーシーは、過去数か月にわたって複数の小惑星を観測してきました。小さな月は、それが見ている小惑星が星の前を通過したときに発見されました。

科学者は、太陽系の郊外近くにあるポリメレという名前の小惑星を観察しているときに、最初にミニムーンを見つけました。NASによると、小惑星は最も幅の広い軸に沿って約17マイル(約27キロ)あります。しかし、2 つの研究グループは、恒星の前を通過したときに奇妙なことに気付きました。

奇妙な物体は幅は約3マイル(約5キロ)と推定され、小惑星を周回しているように見えました。彼らは、これはミニムーンであり、私たち自身の月の物体に似た小型の衛星であると考えています。そして、それは非常に小さいため、天文学者は、地球からこの小さな衛星を見る可能性はほぼ不可能であると言います。

これは、小さな月が親小惑星に近づきすぎているためです。さらに、彼らは、ルーシーがポリメレが星の前を横切ったときにポリメレを見ていなかったとしたら、おそらく衛星を見ることさえなかっただろうと言います。

画像ソース: NASAのゴダード宇宙飛行センター

もちろん、遠距離観測でミニムーンの確実な存在を確認することはできません。代わりに、天文学者は、ルーシー宇宙船が 2027 年にその特定の小惑星に接近するまで待たなければなりません。そして、運が良ければ、小惑星が恒星の前を完全に通過する別のポイントがあるかもしれません。

また、観察結果を報告した14チームのうち2 チームだけが、この小さな矛盾に気付いたことに注意することも重要です。そのため、ミニムーンはまったく別のものである可能性があります。または、まったく存在することさえないかもしれません。これは、天文学者が私たちの高度な宇宙船を使用して解決する必要があるもう1つの謎です。

(via BGR

Last Updated on 2022年8月29日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。