Kuo氏、新しいMacBook ProおよびiPad Proは今年量産に入る

Appleのサプライヤーは、2022年の第4四半期に新しい14 インチMacBook Pro、16インチ MacBook Pro、および iPad Proの大量生産を開始し、すべてのデバイスに引き続き5nm チップが搭載される可能性が高いと、AppleアナリストのMing 氏は述べています。

Kuo 氏は2通のツイートで、Appleのチップ製造パートナーである TSMCが3nm チップの出荷を開始するのは2023年1月になるため、新しい MacBook ProおよびiPad Proは5nmチップ搭載になると予想していることを述べました。

M2チップを搭載した新しい iPad Proは10 月にリリースされる予定ですが、新しいMacBook Proのリリース時期はあまり明確ではなく、今年後半のリリースを示唆する噂もあれば、2023年の発売を示唆する噂もあります。

新しい MacBook Proには、M2 Proおよび M2 Maxチップが搭載されると予想されています。以前のレポートでは、Apple の最初の3nmチップである可能性が示唆されていました。ただし、Kuo氏が共有する最新の情報が正確である場合、TSMC の 3nmプロセスに基づくチップを搭載した最初の Appleデバイスは、来年のある時点までリリースされません。

将来のMac iPad に加えて、来年のiPhone 15 Pro のA17 Bionic チップも 3nmチップになると予想されています。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月27日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。