Bloombergのグルーマン氏、Appleが来年からマップアプリに広告を表示する予定

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、Apple は来年から iPhoneのマップアプリに検索広告を表示し始める予定です。

「Apple マップ アプリで検索広告を開始するためのエンジニアリング作業はすでに進行中であると考えており、来年中に実装される予定です」 .

Appleのマップアプリの広告は、Webサイトに表示される従来のバナー広告ではなく、有料検索の結果です。たとえば、ファーストフードチェーンは、ユーザーが「ハンバーガー」や「フライド ポテト」を検索したときに、結果の上部近くに表示されるように Apple に支払うことができます。Google マップ、Waze、Yelp など、多くの同様のアプリが既に検索広告を提供しています。

AppleはすでにApp Storeに検索広告を表示しており、開発者は、関連するキーワードを検索するユーザーにアプリを宣伝するために料金を支払うことができます。Appleはまた、App Storeの「Today」タブと、アプリのリストの下部にある新しい「その他のおすすめ」セクションに広告を表示することを計画しており、バナー広告は Appleのニュース(日本非公開)および 株価アプリに表示されます。

先週、グルーマン氏は、Appleが時間の経過とともに広告事業を大幅に拡大することを計画していると述べました。彼のニュースレターで、Appleの広告部門は年間約40 億ドルの収益を上げており、Apple の広告主任である Todd Teresi氏は、この数字を少なくとも年間100 億ドルに増やしたいと考えていると述べました。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月22日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。