[偉大な伝統]勇敢な若者を育てるネイティブ・アメリカンの知恵

勇気の輪:勇気の輪は、すべての子供たちの4つの普遍的な成長の必要性に基づいています:所属、習得、独立、寛大さです。

人類学者は、ネイティブ アメリカンが厳しい強制的な統制を使用せずに勇敢で礼儀正しい子供を育てたことを長い間知っていました。それにもかかわらず、北米を植民地化したヨーロッパ人は、先住民が子供たちを深い敬意を持って扱う洗練された哲学を持っていることに気づかずに、懲罰的な寄宿学校で先住民族の子供たちを「文明化」しようとしました。

勇気の輪は、Larry Brendtro、Martin Brokenleg、Steve Van Bockernの共著書Reclaiming Youth at Riskで最初に説明された、前向きな青少年育成のモデルです。このモデルは、ネイティブ アメリカンの子育て哲学、教育と若者の取り組みにおける初期の先駆者の遺産、現代のレジリエンス研究を統合しています。

これらの伝統的な価値観は、現代の児童研究によって検証されており、重要性、能力、力、美徳という自尊心の 4 つの基盤を特定したスタンリー・クーパースミス氏の発見と一致しています。これらを以下に要約します。

「所属する」
ネイティブ アメリカンと先住民族の文化では、所属するコミュニティで重要性が育まれました。ラコタ族の人類学者であるエラ・デロリア氏は、所属することの核となる価値を次の簡単な言葉で説明しました。他の人を親族として扱うことは、すべての人を尊重する関係に引き込む強力な社会的絆を築きます。神学者のマーティ氏は、歴史を通じて、核家族ではなく部族が文化の存続を常に保証していると述べました。親が死んでも責任がなくても、部族は常に次の世代を養うためにそこにいました.

「マスタリー」
伝統的な文化における能力は、習得の機会が保証されていることによって保証されます。子供たちは、より経験豊富な子供たちを注意深く観察し、聞くように教えられました。能力の高い人は、ライバルとしてではなく、学習のモデルとして見られました。一人一人が自分の成長のために熟達しようと努力しますが、他の誰かよりも優れているわけではありません。人間には、能力を発揮して問題を解決したいという本能的な衝動があります。課題を克服することに成功すると、達成したいという欲求が強まります。

「独立」
西洋文化における権力は支配に基づいていましたが、部族の伝統では独立の権利を尊重することを意味していました。規律の服従モデルとは対照的に、ネイティブの教えは、尊敬を築き、内面の規律を教えるために設計されました。 幼い頃から、子供たちは決断を下し、問題を解決し、個人的な責任を示すよう奨励されてきました。大人は模範を示し、育て、価値観を教え、フィードバックを与えましたが、子供たちは強制されることなく選択を行う豊富な機会を与えられました。

「寛大さ」
最後に、美徳は寛大さの際立った価値に反映されました。ネイティブ・アメリカンの子育ての中心的な目標は、寛大で利己的でないことの重要性を教えることです。ラコタの長老の言葉を借りれば、「心臓の鼓動が速くなることなく、最も大切な所有物を手放すことができるはずです。」他の人を助けることで、青少年は価値があるという独自の証拠を作成します。彼らは、他の人間の生活に積極的な貢献をします。

(via UPLIFT

Last Updated on 2022年8月22日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。