Apple、重要なセキュリティ修正を含む macOS Big SurおよびmacOS Catalina 用のSafari 15.6.1 を公開

Apple は本日、古い macOS Big Sur および macOS Catalinaオペレーティング システム用の Safari バージョン 15.6.1 をリリースしました。Apple によると、このアップデートには、任意のコードの実行につながる可能性のある WebKit の脆弱性に対する重要なセキュリティ修正が含まれています。

Apple は、WebKitの脆弱性が積極的に悪用されている可能性があるという報告を認識しているため、Safari を更新することを強くお勧めています。

Appleは昨日、WebKit とカーネルの両方の脆弱性を修正したmacOS Monterey 12.5.1、iOS 15.6.1、およびiPadOS 15.6.1をリリースしました。Macintosh氏が Twitterで指摘したように、macOS Big SurまたはmacOS Catalina 向けのカーネル関連の脆弱性に対する修正はまだリリースされていませんが、その脆弱性がこれらのオペレーティング システムに影響するかどうかは不明です。

(Via MacRumors

Last Updated on 2022年8月19日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です