[暗黒の歴史]中国の悲惨な文化大革命の引き金となった記録を集めた動画


1958年、毛沢東は大躍進政策を打ち出しました。8 年後、彼は大プロレタリア文化大革命の開始を発表しました。もちろん、これら2つの出来事の間に中国の大飢饉があり、歴史家は現在、3つすべてを同じ軽蔑的な意味で「偉大」であると見なしています。

毛沢東主席は、農業の集団化やイデオロギーの浄化などの政策の起こりうる結果を理解していなかった可能性がありますが、それらの政策を中国人に売り込む上での彼自身のイメージの重要性は理解していました。

その時点で、中国内戦で農民軍を勝利に導き、1949年に中華人民共和国を樹立した中国の指導者は年老いていました。
さらに悪いことに、毛沢東の大躍進政策は明らかに破滅的なものでした。彼は中国共産主義の顔であり、新たな革命を主導するという彼の遺産を封印する方法を見つける必要がありました。

そこで彼は、1956年に撮影した揚子江を泳いで横断するという、以前の偉業の1つを繰り返しました。国営メディアによって広範囲に広まり、彼の個人写真家が撮影した川での毛沢東の写真は、彼が 1時間強で15キロメートル泳いだという報告を例証しました。

これは、「72 歳の男は世界の速度記録を打ち破っただろう」という意味であり、独裁政権下のプロパガンダの1日がかりの仕事でした。

専門家は、毛沢東が中国で新たな悲惨な混乱期を迎える寸前ではないかと恐れていました。彼らは正しかったのです。
すでに宣言された大プロレタリア文化大革命は、現在は文化大革命として広く知られていますが、何百万人もの中国の若者が、最愛の指導者のイメージによって過激化したと見なされ、「狂信的な紅衛兵」に組織化されました。

古い文化、古いイデオロギー、古い慣習、古い伝統という「4つの古いもの」を必要な手段で根絶することが目的でした。
彼の死が、リーダーを神のようなレベルにまで高め、100 万人以上の人々を死に至らしめた 10 年間の破壊を終わらせました。

その後、中国共産党は文化大革命を非難しましたが、毛沢東自身を非難しませんでした。実際、彼の水泳は毎年記念の対象となっています。

「もし毛沢東が1956年に亡くなっていたら、彼の功績は不滅だったでしょう」と中国共産党の陳雲はかつて語った。「もし彼が1966年に亡くなっていたら、彼はまだ偉大な人物だったでしょうが、欠点もありました。

しかし、彼は 1976 年に亡くなりました。おそらく、年老いた毛沢東が長江で溺れていたら、中国の歴史はもっと幸せな方向に進んでいたかもしれません。

(via Open Culture

Last Updated on 2022年8月11日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。