Microsoft、OneDriveの15 周年記念ページで「OneDrive Home」を発表

画像ソース:Microsoft

Microsoftは、OneDriveの15周年を記念して、OneDrive Homeと呼ばれる新しいランディングページを作成しました。これにより、作業の監視が容易になります。最初に OneDriveを開いたときに [マイファイル] タブが表示されるのではなく、オンラインバージョンの Officeのダッシュボードに似た新しいホーム ページが表示されます。

Office Webアプリと同様に、OneDriveホームにはファイルのリストが含まれており、最近アクセスした日時で整理されています。リストの上には、Word、Excel、PowerPoint、および PDFファイルの種類でドキュメントを並べ替えるためのフィルターがあります。

変更は現在有効ではありません。Microsoft によると、OneDrive Homeは「今後数か月以内」に利用可能になるとのことです。ただし、見た目からすると、新しいホームページは、リモートで共同作業しているときに整理された状態を維持するのに役立つ中央ハブとして機能する可能性があります.

Microsoft は、OneDrive Webアプリとは別に、OneDriveモバイル アプリ (基本的には Instagram ストーリーに相当する OneDrive) のフォトストーリー機能をオーストラリアのユーザーに展開しています。この機能は、今年後半まで、米国または他の地域のユーザーには届きません。

 

(via BGR

Last Updated on 2022年8月10日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。