TSMC、Intelの3nmオーダー遅延の噂について「何も変わっていない」とコメント


画像クレジット:ToyW / Shutterstock.com

TrendForceが2022年8月5日のレポートで、Intel がMeteor LakeのGPUタイルのオーダーを遅らせると主張しました。

TSMCは、Intel Meteor LakeのGPUタイルの注文に関して次のようにコメントしました。

「TSMC は、個々の顧客のビジネスについてコメントすることはありません」と経済日報に掲載された声明の中で述べています。「同社の生産能力拡大プロジェクトは計画通りに進んでいます。」

当時者のIntelは、「2023年には、Intel 4で構築された最初の細分化されたCPUである Meteor Lakeを提供します。Meteor Lakeは、当社とお客様のラボの両方で良好な状態を示しています」と、Intelの CEOであるPat Gelsinger氏は、先週の同社の 2022 年第2四半期決算説明会で述べました。 .

TrendForceは昨日、IntelがTSMCのN3 ノードでの Meteor Lake の GPU タイルの生産開始を 2022年後半から2023年後半に延期することを決定したと主張するレポートを発行しました。

Meteor Lakeは 2023 年秋 (または 2023 年のホリデー シーズン) に市場に出回る予定であるため、Intel が今年 MTL の GPU タイルの大量生産 (HVM) を開始し、2023 年初頭に出荷することはあまり意味がありませんでした。

従ってGPUタイルの HVM 開始を 2023年7月に移動することは、Meteor Lake ロセッサの可用性に影響を与えない完全に論理的な決定です。

TSMCに関しては、2023年から2024年の時間枠でN3、N3E、N3P、およびその他のN3ノードを使用することを計画している顧客がたくさんいます。

このリストには、2023 年の Apple (TSMC の最大のクライアント) とIntel だけでなく、2024 年の AMD、MediaTek、および Qualcomm も含まれています。

(via tom’s Hardware)

Last Updated on 2022年8月6日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。